第2回ソラヒロ基金 寄贈式

令和3年7月14日に、札幌にある社会福祉法人常徳会 興正学園様にて、北海道では初めてのソラヒロ基金寄贈式が行われました。
 ソラヒロ基金とは
「そらひろ 」の各施設に通う子供達が社会に立派に巣立っていく事を日々考えながら療育を行っていく中で、各施設の毎月の売り上げの一部を積立、そして地元地域に役立てていく、継続可能な社会貢献を行う事が本来の目的です。
北海道札幌市では現在3施設が運営され、多くの子供たちが毎日楽しく通ってきております。
今回、北海道第1回目の寄贈式となりました。
事前に、興正学園様を訪問させていただき、ソラヒロ基金の主旨と想いを伝えたところ、非常に喜んで下さり、子ども達が笑顔になれるものとして、毎年夏休みに大勢で楽しむキャンプ道具をご希望していただきました。
 寄贈式当日、コロナ禍ではありますが、子ども達も笑顔で出迎えてくれ、終始和やかな雰囲気のなか寄贈式が行われました。
その中で、子ども代表の直枝真愛さんより感謝状も頂き、とても嬉しい気持ちになりました。更に会場には、素晴らしい壁面が装飾してあり、子ども達、職員の皆様がこの日の為に作成してくださったことを想像し、感動と感謝の思いでいっぱいになりました。
 ソラヒロの社名の由来(世界中のどこまでも広がる青い空・多くの可能性を秘めた子どもたちが思いっきり遊び そして学び 成長していく広場)のように、見上げる空は広く、熊本・札幌の距離は遠いですが、私達は、この広い空で繋がっている!と、改めて温かい気持ちを感じることができました。
 この度は、突然の申し出に快諾してくださった鏑木先生、職員の皆様、そして興正学園のみなさん本当にありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにしています。
 私達ソラヒロは、これからも、ささやかながら地元地域に継続的な社会貢献を行って参ります。