子どもキャリアアップ学習療育プログラム

社会に生き抜く力を身につける!!

熊本・北海道の放課後等デイサービスそらひろ 学習療育の特徴

*下記、画像クリックで拡大表示できます

 

 

子ども一人ひとりに合わせた支援・療育を支える

S.T.E.P.と認定講師陣

S.T.E.P.の教育理念

そらひろは、子ども達が社会(Social)の一員として信頼(Trust)され、人生を楽しみながら(Enjoy)活躍できるよう、情熱(Passion)をもって療育を行います。

S.T.E.P.とコミュニケーション力

子ども達が、現代社会そして将来社会を生き抜くために必要なことはたくさんあります。そらひろは、その中で最も大切なことはコミュニケーション力であると考えています。そこで、S.T.E.P.では、コミュニケーション力に必要な6つの能力を高めるため、鹿児島大学が中心となって開発した自己発見プログラム~ドリームパスポートを取り入れ、ソラヒロ式個別支援計画に基づき、SST、感覚統合、クラフト、タブレット等を組み合わせた教育を行います。

ソラヒロ式個別支援計画とは

特性が異なる子ども一人ひとりの夢、能力、適性を親と協力しながら的確に見抜き、子どもに合った学習療育を行います。そらひろでは、子どもの夢、能力、適性に沿った自立支援のために、短期的・中長期的支援計画を立案します。この計画をソラヒロ式個別支援計画といいます。S.T.E.P.に子ども一人一人に合ったソラヒロ式個別支援計画を取り入れ定期的に見直すことで、時々刻々と変わる子ども達の成長に沿った学習療育を行います。

S.T.E.P.認定講師とは

近年増加傾向にある発達障がいと言われる子ども達の症状は多種多様です。また、その症状は子ども達の心理や周囲の状況によって変化するため、その原因を特定することが困難です。ソラヒロのスタッフは、その症状の原因を、本人の身体や能力のみ限定することなく、周囲の状況なども分析し、問題解決に必要な原因の追究を行います。また、自立を見据えた療育計画を策定するために、ソラヒロ独自の研修を行い一定水準に達したスタッフを認定講師としています。

熊本・北海道の放課後等デイサービス そらひろ の学習療育の教材(例)




今回の教材例のように、知識ばかりを詰め込む知識偏重の学習ではなく、多様な個性を求め、「知識や技能を活用する思考力・表現力」などを育てる内容となっています。
私たちにとっても、これまでの自分の経験だけでは解決できない内容も多くなります。

早いうちからこのような表現力などを育てるプログラムに慣れさせることが、いち早く今後の社会に適応するトレーニングに繋がるでしょう。

熊本・北海道の放課後等デイサービスそらひろ 学習の様子

実際に学習療育などをしている様子です。
詳しい療育内容を知りたい方は、ぜひ一度見学にいらしてください。