2018年4月1日 そらひろより大切なご報告

障害児通所支援事業所への行政処分について

【はじめに】

このたび平成30年3月30日、監督行政が、弊社の障害児通所支援事業所に対し「児童福祉法」に基づく行政処分を行うことを決定しました。これは、2年前の平成28年4~7月にかけて、社内決済・書類・人員の面に不備があったことに対して行われました。このことで、ご利用者の皆様を始め、関係各位に大変なご心配とご迷惑をおかけしたことを心より深くお詫び申し上げます。

【経緯及び当時の緊急対策等につきまして】

熊本地震(平成28年4月)の影響によって、当時に人員不足が発生し通所事業所の人員ルールの徹底ができず、平成28年9月に監督行政より指導監査を受けました。その結果が、1年半後の平成30年3月30日に決定しました。指導監査内容は、社内決済・書類の不備・人員の確保ができていない期間(平成28年4~7月)が発生したことによります。地震の発生後5ヶ月目からは運営や人員基準を法制度に則った状態に戻しました。したがいまして、本件事案により、各施設をご利用頂いている方々への影響は生じません。

【対策中並びに対策完了のことにつきまして】

行政からの指導・監査後に速やかに社内決済・書類作成・人員確保について改善し、また中長期的な再発防止策として、法務部門や管理部の設置、内部統制を踏まえた厳格な管理ルールの整備等を行うなど改善活動を日々行っています。

【むすびに】

今後は、今回の行政処分を真摯に受け止め、各管轄自治体の指導の下、組織・管理体制のさらなる改善を図るとともに、以前にも増して精進しご利用者の皆様に満足して頂ける施設を運営してまいります。今後ともご支援ご鞭撻の程を宜しくお願い致します。

株式会社 ソラヒロ

代表取締役 池田英彦

平成30年4月1日